看護・介護・リハビリ施設「みやこグループ」を運営する埼玉県三郷市の「有限会社 仁」のお知らせはこちら

048-950-2282お問い合わせは月~土AM 9:00~PM 5:00

お知らせ

予防理学療法 ②

2021.09.21

地域で暮らしている高齢者の認知症有病率の推定値は15%であり、軽度認知障害は13%と推定されています。有病率は増加傾向にあり、医療費・介護費も大きくなっています。この負担軽減は国としての重要な課題になっています。

認知機能低下には危険因子と保護因子があります。悪い生活習慣が認知機能を低下させ、反対に豊かな人間関係や精神活動、身体活動がその低下を防止します。危険因子の高血圧や生活習慣の問題による肥満などは運動を行い、生活習慣を整えることで改善ができます。

 

 

 

* ここに紹介する全ての文章、画像、音声情報について、内容の合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。