看護・介護・リハビリ施設「みやこグループ」を運営する埼玉県三郷市の「有限会社 仁」のお知らせはこちら

048-950-2282お問い合わせは月~土AM 9:00~PM 5:00

お知らせ

理学療法評価 : 進め方 ④

2019.06.14

職員研修用にまとめた資料です。
神経系理学療法評価の進め方についてです。
3-3、評価
課題となる姿勢運動パターンを抽出し、その背景となる筋緊張を明らかにします。筋緊張は被動性により評価します。「硬い、重い、軽い」などの手応えにより、「高緊張、過緊張、低緊張、正常」を判定します。
姿勢運動パターンの背景となる別の側面として、感覚運動経験の評価を行います。感覚運動経験とは、感覚と運動の協応経験です。

 

 

* ここに紹介する全ての文章、画像、音声情報について、内容の合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。