看護・介護・リハビリ施設「みやこグループ」を運営する埼玉県三郷市の「有限会社 仁」のお知らせはこちら

048-950-2282お問い合わせは月~土AM 9:00~PM 5:00

お知らせ

痛み学 : 動物実験

2020.09.15

職員研修用にまとめた資料です。

慢性痛は1990年代、ラットの動物実験により病態の解明が大きく進みました。この結果、慢性痛には警告信号の意義はなく、「慢性痛 = 神経系の可塑的変化」の解釈が生まれました。臨床では、神経系の可塑的変化に対して根本的な治療方法が確立されていないため、学際的治療が提唱されています。

動物実験においては、痛み(痛覚過敏)を示す時期は限られており、ヒトとは異なることに留意する必要があります。

 

 

 

* ここに紹介する全ての文章、画像、音声情報について、内容の合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。